• White Instagram Icon

© Copyright 2018 by いのちの教室. Proudly created with Wix.com

Contact Us

Tel: 055-225-6550

Email:nrf25843@nifty.com

Address

〒409-3865

山梨県中巨摩郡昭和町西条新田854

いのちの教室への思い

 私たちは、社会生活を営む上で、今、多くの課題に直面しております。自然環境破壊、社会インフラの保障、格差拡大等の社会不安、更には、虐待、DV、ネグレクト等の命を軽視する社会的事象が多々、顕在化しております。他にも多くの社会的課題が内在する現状に在って、私たちはこれらの課題と、どう向き合って行かなければならないのでしょうか。今、我々一人一人の課題として、共有することを求められていることを強く思います。そして、私は思います。「何故、様々な社会的課題が創出されてくるのか」と。私はこの思いに一定の答えを出すべく、長い間、人の心、そして命に、身近に触れる活動に携わってきました。

 

 そして、私なりの結論を導き出すことが出来ました。それは、様々な社会的課題を創出しているのは、人間の”心の在り方”だという事です。当たり前のような思いかもしれませんが、しかし、”心の在り方”が全ての事象を創出する真の要因だと受け止めた時、社会を変革する術に気づくことが出来るのではないでしょうか。私たちは、今、「心」を変る勇気を持つことが強く求められる環境に置かれていることを、認識せざるを得ません。「心」という言葉をより具体性を持った別の言葉で言い表すと、「意識」という言葉が浮かんできます。「心」を変え、「意識」を変える可能性を内在した社会を創出することで、社会の根幹から変革が始まります。これを、より具現化するために必要となるのは、正に、「教育」でありますでしょう。私は、「教育」が社会の全ての根幹にあることで、「真の幸福を見出すことが出来る社会が創出される」、と捉えさせて頂いております。そして、更に大切なことは、「教育」の根幹に、環境、人権、貧困、等々の社会的課題に共通して内在する「命」を置くという事です。「命」を視点とした教育が施され、その結果、「心」そして、「意識」の在り方が変化していくのではないでしょうか。

 このような思いに至った背景には、私の生い立ちが深く関わっているように思います。私が10代の頃、大切な家族を3人続けて亡くしております。家族の死と向き合う体験をしているのです。人の死がどのような意味を持つのか、生きることと重ね合わせ、子どもながらその意味に触れることが出来ました。又、家族には、目に障害を持った祖父(私が幼い頃から、私が目の代わりになって連れ添っていた)、又、認知症を患った曽祖父(母親がいつも介護を行っていた)がいたことで、弱い立場に立つ人を支える心に目覚めさせてもらったことが大きな要因となっているように思います。

 又、企業に在籍している時に、心身の悩みを抱えている社員と長い期間の触れ合いを通じて、人の様々な心の在り方に振れながら、私自身が出来る範囲で支える活動を行ってきたことも、一つの要因となっております。

 私は上述しました様に、長い間、人の心、そして命に、身近に触れる活動に携わってきました。その経験から、これらのことに気づかせて頂いたのであります。正に、”心の宝物”を多くの方との出会いから頂いてきた思いです。このような思いに触れたことから、私自身の「心」、そして「意識」が変化し、醸成され、「命(いのち)の授業」が生まれて来たのです。

私が、「命(いのち)の授業」を実践する中で、7万人を超える子ども達から気づかせて頂いた、最も大切な「命」への思いを下記に記します。

 

<子ども達からの学び>

 「命(いのち)の授業」を立ち上げた当初は、「命」の大切さを理解してもらおうと、こちらの思いを一方向的に、又、一貫して言葉で伝えておりました。その中で、授業を受けた子ども達から手紙を頂いておりましたが、殆どの子ども達が、『「いのちの受業」を受けて、改めて「命」の大切さが分かった』と、一律的な思いを綴っておりました。個々の思いを深く綴った手紙が殆どありませんでした。

 

 この時、子ども達から大切な気づきを頂きました。それは、「命」を教え、言葉で伝え、そして、理解させようとする授業を行っていた事で、子ども達の心の中に、こちらの思いが届いていなかったと言う事です。更に次の様な気づきを持つことが出来たのです。子ども達が、命に関しては完璧な存在である事を受け止め、本気で向き合えば、必ず心の中からそれぞれの思いを自ら引き出してくれる。大切なのは、子ども達のそれぞれの「命」への思いを受け止めること、子ども達の心の中から引き出す場を提供すること、そして、「本気」で語ること。

 

 だからこそ、この授業には型通りのマニュアルはありません。更に、子ども達と触れ合うたびに、子ども達からの気づきを授業の中に浸潤させることで、授業そのものが成長していく、正に“子ども達から学ぶ授業”、そういう次元で考えないと、子供たちの心の中に入って行く授業にはならないと認識させて頂きました。この思いを、次の様に表現させて頂きます。

私が気付かせて頂いた宝物であります。

 

それは、

       ”命は、

         知識として教えるものではなく(知識から、知恵に)、

             言葉のみで伝えるものでもなく(言葉のみから、心の触れ合いに)、

                  そして、頭で理解させようとするものでもない(理解から、自らの気付きに)“

ということであります。

 

 語り部の一方向的な話では、上述した”三つの大切な思い”が消えてしまう様に思います。その意味で、子ども達の心の中から引き出して行く”命”、この事を大切にする場を提供する事に思いを注いでおります。その意味では授業ではなく、子ども達を参画させる、自らの気づきの場としております。

詳細につきましては、「いのちの授業・メッセージ」のページでご覧ください。

 

上述した意識を持ちつつ実施した命(いのち)の授業に触れた子ども達からの手紙(平成30年4月1日~)を以下、記載いたします。

どうぞ、ご覧ください。

 

                  【子ども達からの手紙】

                        (掲載については学校側及び実施機関のご了解を頂いております)

 

 

(小学校)

・授業の初めに、先生が、「命は教えるものではなく、伝えるものでもなく、気づくもの」だと言った時、僕は少し、びっくりしました。なぜなら、今までの命の授業では、パネルなどを使って、命の大切さ、命のすごさなどを、「教える」授業だったからです。僕は、前まで、命とは何なのか、なぜ大切なのか、よくわかりませんでした。でも、この「教えない、伝えない」の授業で、少し命について分かったと思います。

・「命の授業」を聞いて、僕たちが、当たり前だと思っていたことが、実は当たり前ではないという事に気づきました。世界には病気と闘っている人がたくさんいるので、僕はこれまで、当たり前にやっていたことに対する考えが変わりました。

・「どんな人間でも生きる価値のない人間はいない」、私はその言葉が胸に刺さりました。朗読、音読、思考による「命の授業」に、私はとても感動しました。生徒たちに考えさせるという今回の授業はとても良かったです。人生の長い長い道のりを乗り越えるためには、強いハートが必要です。そのハート(いのち)を強くしてくださる授業でした。これからは、親や神に感謝しながら人生を歩んでいきます。

・私は、最初、命について、「教えられる」、「伝えられる」ものだと思っていました。しかし、本当は「自分で気づく」ことが、命について知る一番良い方法だと分かりました。

 

​・命の授業を受けて、僕が気づいたことは、誰にでも、命の大切さは、伝えたり、教えたりしなくても、最初から分かっているという事です。その忘れていた命の大切さを思い出させてくれて、ありがとうございました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now